血色が良く見える大人のメイク 大事な3つのポイント

      2018/01/22

ご訪問ありがとうございます!

友人に誘われて、デパートの化粧品売り場のメイク体験に行ってきました♪

30代以上の大人の女性に向けた、ツヤが生まれて血色よく見えるメイクというもの。

興味深々~~(*’▽’)

教えていただいたことに私の考えを加えた、『血色がよくなる大人のメイク』をシェアしますね♪

大事なポイントは3つ

  • メイクをする前のスキンケアを丁寧に ⇒ 保湿力と血色UP!
  • 化粧下地の選び方 ⇒ くすみを消して内側からのツヤ感UP!
  • チーク&リップの色味 ⇒ 色で血色のせちゃおう!

この3点かと思います。

メイク前のスキンケアを丁寧にすること

洗顔の後、化粧水をパパっと叩いて、乳液をさっとぬってハイ終わり!

時間のない朝はそんな風にスキンケアをしていませんか?

化粧水をたっぷりと塗って、手の平で包み込んで浸透させる。

お肌に入り込んだと思ったら、もう一度繰り返す。

化粧水は値段の高いものでなくてよいので、ケチらずたっぷりと使うこと!

私も化粧水の量が足りていないことに気づきました。。。(;’∀’)

 

次に美容液や乳液を中指と薬指を使ってやさしく塗りこみます。

マッサージするように丁寧に塗ることで、自然と肌の血色は良くなりますよ。

化粧下地の選び方

ファンデーションをより美しく見せるには、化粧下地の選び方がほんとに大切!

白っぽくなりすぎないもの

質感が軽くてのびが良いもの

自然なツヤが生まれるもの

保湿などの美容成分が含まれているもの など

以前に書いた記事にも載せていますので、参考にしてくださいね。

 

チークとリップの色味をすこし濃いめに

血色を足すのにこれが一番簡単な方法かもしれませんね。(^^♪

血色が足りないなー、元気がなさそうに見えるなと思ったら、今まで使っていたものより少し発色の良いチークやツヤのあるリップを選んでみてください。

例えば、こちらのcovermarkのチーク

イエローベースさんなら A

ブルーベースさんなら B

これくらいの発色のものを選んでみてくださいね。

そして、チークの後にフェイスパウダーをパフで重ねると自然な発色になりますよ。

最後に

メイク方法も様々で、血色や赤味を抑えるほうが素敵な場合もあります。

が、若い頃に比べてやっぱり肌の色はトーンダウンしてきますし、くすみも増えてきます。

くすみを飛ばして血色をよく見せたいと思ったら、ぜひ参考にみてしてください。

それでは、また♪

血色を意識してメイクしてみました~~(*^-^*)

 

 - パーソナルカラーメイク