メイクから遠ざかってしまったあなたへ。メイク復活への道!!

      2017/12/06

普段、全くメイクをしない方ってどれくらいいらっしゃるでしょう? 「今日は外出しないからすっぴんでいいや!」という日は誰でもあると思うのですが、そうではなくて

「もう全くメイクをしないんです。」という方もおられますよね。

理由は色々あると思いますが

  • 時間がない
  • 面倒くさい
  • 使う頻度が少ないから、化粧品を買ってももったいない
  • メイクの仕方が分からない
  • ずっとノーメイクだからメイクした自分の顔に慣れない などでしょうか。

メイクしなくていいや!大丈夫!という人は良いのですが、ずっとメイクしていないから、したいけど今さらねーという方へ。

少しずつメイクすることに慣れていきませんか。私が考える、「メイク復活への道!」をご紹介します。

超ナチュラルメイクですので、普段からメイクしている方には参考になりません<(_ _)>

①まずはファンデーション

お顔の中心から外へ外へ、軽くのばしてください。

厚塗りは厳禁!「いつもより少し肌がキレイね」と思うくらいでOKです。

②次はアイブロウ(眉をととのえましょう)

薄塗りファンデーションに慣れてきたら、次は眉をととのえてみましょう。

眉は顔の額縁ですので、眉をととのえると印象がすごく変わりますよ。

余分な毛をカットしてから、アイブロウペンシルかパウダーで少しずつ描いてみてください。コツはとにかく力を抜くことです。失敗しても大丈夫、綿棒かひし形のスポンジでなぞれば薄くなります(^^♪

③リップ(手軽にナチュラルに)

眉を描くことに慣れてきて、「もうちょっとメイクしたいな」と思ったら、次はリップです。

これは簡単♪ 色付きリップでもいいですし、グロスのような口紅でもOK。あまり濃くせずにささっと手軽に塗りましょう。

あまり濃くしない理由は、他を省いているのでリップだけ目立ち過ぎないように。

④チーク(血色良く見せましょう)

チークは顔の中で一番大きな面積を占めるので、色選びに注意してくださいね。

自分に似合うのはローズ系なのか、オレンジ系なのかを知っておくだけで、キレイが加速します。塗る位置は、小鼻より上で、黒目より外側が基本です。にッと笑ったときに頬の一番高くなるところへ入れてください。

⑤最後はマスカラ(アイライン)

チークまでできたら、ゴールまであと少し! 最後はマスカラに挑戦してみてください。根元に5秒ほどあててから塗るとアイラインの効果もでますよ。

なぜアイシャドウをすっとばして、マスカラなのか? アイシャドウは入れ方によってすごく派手になったり、はたまた頑張ったつもりが色が薄すぎて、効果があまりなかったりするからです。その点、まつ毛の色が濃くなると簡単に目力がでますので。

マスカラ塗るのが苦手な方は、透明のマスカラ下地から始めてみてくださいね。マスカラよりアイラインの方がやりやすい方は、アイラインで目元ははっきりと。

私も今日は、アイシャドウなしでメイクしました~(*^^*) ①から⑤までで、目元はマスカラのみで、ハイライトもしていません。時短メイク(^^♪

最後までお読みいただきありがとうございます。

 - パーソナルカラーメイク