服やコスメ選びに迷いたくない方へ。まずはベースカラーを見つけましょう!

      2017/07/24

服選びの猫

お店に並んだ商品をあれこれ悩みながらのお買い物は、楽しみの一つです。でも、家事に子育て、仕事に。。とやることがいっぱいのオトナ女子には時間が足りませんよね。(^^;)

パーソナルカラー(自分に似合う色)を知っておけば、その時間も短縮できますし、お買い物の失敗による無駄使いも減らせます。「自分のパーソナルカラーを知らないわっ!」って方、「診断してもらったけど、いまいち自分に似合う色を選べていないっ!」という方へ。今日はベースカラーのお話です。

あなたはブルーベース? イエローベース?

パーソナルカラーの理論では、色を大きく2つに分類します。

ブルーベース(クールタイプ)・・・色のベースに少し青みを含んだ、涼し気で冴えた色のグループ

レモンの黄色 バニラソフトの白 ワインレッドの赤など。

カラーチャートSuカラーチャートW

********************************

イエローベース(ウォームタイプ)・・・色のベースに少し黄みを含んだ、あたたかみやコクを感じる色のグループ

みかんやバナナの黄色 生成りの白 神社の鳥居の朱赤など。

カラーチャートSpカラーチャートA

自分はどちらのベースの色が似合うのかを知っておくと、買い物の際に「迷って決められない~💦」ということがかなり減りますよ。

手の平の色で自己分析

では、まずは手の平をじーっと観察してください。あなたの手の平の色は赤みを感じますか?

「黄色より赤を感じるな。指先はワインレッドの赤紫のような色だわ。」という方はブルーベースの可能性が高いです。

「全体的に手の平が黄色く見える、節や指先はオレンジに近い朱赤だわ。」という方はイエローベースの可能性が高いです。

自分だけで見るより、友達や家族と手の色を見比べると違いが分かりやすいですよ。日本人は黄色人種だから、肌の色は黄色いと思いがちですが、その黄色にも色々あるということですね。(^_^)

手の甲をドレープ(色布)の上に置いてみる

手の色の違いBu

こちらはブルーベースの方の手。 左がブルーベースの布の上、右がイエローベースの布の上に置いてみました。左右の違いが分かりますか?

左の方が色白で、節の色も目立たず手がキレイに見えると思います。右は節が黒ずんで見えるし、全体的に暗く感じます。不思議ですよね~。

 

手の色の違い イエローベースの方

反対にこちらはイエローベースの方の手。左がイエローベースの布の上、右がブルーベースの布の上に置いています。

この写真では違いがちょっと分かりにくいですかね~💦 左の方が血色がよく見えて健康的に見えます。右は血色が引いたような青白さになってしまっています。分かりにくくてごめんなさい~。

シルバー(ブルーベース)VS ゴールド(イエローベース)の布でも分かりやすいです。ご自宅に色布がなければ、折り紙でもいいので手を置いてみて違いを感じてくださいね。

OK・・・綺麗な色白に見える 血色よく見える 節が目立たない 影ができない

NG・・・血の気が引いたような青白 節が黒ずんで見える 全体的に暗くなる 影ができる

ベースカラーが分かったらまず選びたいもの

ご自分のベースカラーが分かったら、選びやすいものがコスメとアクセサリーです。

ブルーベースの方・・・リップやチークは青みを感じるローズピンクやパステルピンク。アクセサリーはシルバーやプラチナのホワイトジュエリー

イエローベースの方・・・リップやチークは黄みを感じるサーモンピンク、コーラルピンクやピーチ。アクセサリーはゴールド

上のカラーチャートを参考に選んでみてくださいね。

残念ながら、色の見分けがしやすい方とそうでない方がおられます。ブルーベースとイエローベースの両方お似合いになる方も、たま~におられます。

自分の判断だけでは無理だと思ったら、ぜひパーソナルカラー診断を受けに来てくださいませ~(#^^#)

サービス内容&料金はこちら

お申込みはこちら

 

 - パーソナルカラー診断