明るさだけじゃないっ!色の強弱でイメージが変わる!!

   

9月が始まりました!

小1女子がいるので、8月はプールにキャンプに朝顔の世話。。。という

「ザ・夏休み」を過ごしていました。

学校が始まるとやれやれです。ほんとやれやれです(^^;)

リビングのカレンダーをめくると、色彩がガラッと変わって新しい気持ちになりましたよ。

 

色彩の違いでどう変わる?

 

IMG_2043

 

こちらが8月のカレンダー、黄色と緑の組み合わせ。

太陽に負けないような鮮やかな黄色が、生き生きとした植物の緑の強さと合わさって

はじける夏の元気さを表しています。

そして、9月になると。。。

下矢印下矢印下矢印

 

IMG_2042

 

じゃーん! 色は水色と紫へ。

落ち着いたブルーと穏やかな紫で、秋の空と、桔梗の花を思い起こすような。。

ちょっと夏の疲れを癒しましょ♪ ってメッセージのようですね。

同じデザインなのに、色の違いで全然イメージが変わりますねぇ。

 

小1の娘に聞いてみた。「どこが違う~?」

 

プリキュアごっごや、アイカツごっこに夢中の6歳女子に聞いてみました。

私「8月と9月のカレンダーって、どこが違うと思う?」

娘「8、と9、が違うに決まってるやん。」

・・・

いや、そうじゃなくて・・・(正しいけど)

 

私「他にはどこが違うー?」

娘「8月は黄色と緑で、9月は水色と紫!」

私「そうだよねー。(よしよし)他には?」

娘「うーん、8月の方が明るい!」

 

色のイメージは明るさだけでは決まらない

 

娘は「8月のカレンダーの方が明るい」と答えてくれましたが、

実は。。。

色彩学的には、このカレンダーの黄色と水色は明るさはそれほど変わらないんです。

では、違うのは何か???

 

それは、「色の強さや鮮やかさ」です!

色彩用語では、彩度といいます。

8月の方が鮮やかな強い色で、それに比べて9月の色は落ち着いていて弱いです。

こんな風に、

色の明るさ + 色の強弱(鮮やかさ)でイメージが変わってくるんですね。

 

確かに、8月のカレンダーの方が明るく見えます。

でも、正しく言えば、8月の方が「鮮やかでまぶしい!」ってことかもしれませんね。

 

カレンダーでこんなに語れるなんて、色って奥が深いです。(*’▽’)

※ちなみに、このカレンダーは照明器具を扱う会社のもので、色使いがステキで毎年楽しみにしています。(無料やし 笑)

 

 - 美しい色の組み合わせ